だったら治療して生きろよ

コウノドリ

「コウノドリ」第8話です。四宮春樹(星野 源)が鴻鳥サクラ(綾野 剛)がベイビーのピアノライプをやっているバーにやってきた。サクラがベイビーということを知っていた。四宮は大学の研究を手伝っており、今後本格的にその研究をやりたいとサクラに言った。そこへ妹の夏実から電話があり父親が倒れた。父親は石川県で病院の産科医として働いている。

白川 領(坂口健太郎)は下屋加江(松岡茉優)に最先端の技術を学んで上を目指したいと自分のビジョンを語った。それに対して下屋は目の前にいる患者さんを救えればいいと。四宮が病院に着くと、父は病院で働いていた。医者の不養生ってやつですね。

ペルソナセンターでは、陣痛に苦しむ妊婦がまさに赤ちゃんを産むシーンが始まった。生まれた赤ちゃんは新生児瑕疵状態で生まれNICUに運ばれた。そこで白川は、自信満々に「大丈夫です」と夫婦に伝えた。白川は最近学会などに出ていろいろと自信をつけ、それが言動にでていた。そんな白川を今橋貴之(大森南朋)は危惧していた。

四宮の父はステージ4の肺がんだった。父は自分が産科医をやめてしまったら、この街の妊婦はどうするのかそれを心配していた。四宮はそんな父に、「だったら治療して生きろよ」と懇願した。町思いの父親、そして父親思いの息子、どちらも思いやりがあります。

新生児瑕疵の赤ちゃんを産んだ妊婦、風間は、赤ちゃんがそうなったのは自分のせいではないかと自分をせめていた。彼女に優しい声をかけたサクラだった。一方、白川は赤ちゃんの状態が戻らず赤西吾郎(宮沢氷魚)は看護師から、他の病気を疑ったほうがいいのでは?と提案されたが、その必要はないと言い切った。危ない感じがしますね。

自分の誤りに最後まで責任を持て

コウノドリ

赤ちゃんの状態に変化が表れ、今橋が診断した結果肺ではなく心臓の病気だった。先天性の病気で大きい病気に搬送して手術が必要になった。やはり危ない展開になってきましたね。白川は自分の最初の診断が間違っていたことを知り愕然とした。大きい病院へ搬送するドクターカーに一緒に乗り込むはずだったが、白川は違う医師に頼もうとしていた。そこへ今橋から「自分の誤りに最後まで責任を持て」と一喝された。人の命がかかっている現場って本当に大変ですよね。

白川は赤ちゃんを搬送した後、ペルソナで以前働いていた新井に会い自分がかつて同じようなミスをしたことなどを語りそれとなく励ました。実はサクラが事前に電話しておいたらしい。何と気が利く優しいサクラですね。そんな優しさがある仲間がいる職場で働けるなんて幸せなことですね。

赤ちゃんの手術は無事成功し母親は退院することになった。白川は自分の犯した過ちを受け止めようともがいていた。今橋は白川に「その気持ちを忘れるな」とまた一喝。そして白川はペルソナをやめて小児循環器科を目指すために。今橋は、白川の夢を後押ししたいと応援した。

四宮は父親から「一日一生」というはがきが届いた。白川が病院を辞めることを知り、おそらく複雑な心境なのでしょうね。もしかしたら自分がペルソナを辞めて父の代わりに、石川の病院で産科医をしたほうがいいのではないかと。悩みますね。そんな中、妹の夏実から電話があり、父が病院に搬送された。つづきは次回です。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171023150241p:plain