大門未知子が倒れてしまいました

ドクターX

まさかの展開ですよね、『Doctor-X 外科医・大門未知子』。9話で大門未知子(米倉涼子)が倒れてしまいました。フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)と一緒に博美の娘の為の洋服を選んでいる矢先の出来事でした。病院で検査を受ける未知子。それを待つ博美と慌てて病院に駆けつけてきた神原晶(岸部一徳)。

画像をチェックする博美と晶。「どうしてこんなことに」と晶。「大門さんあれだけ健診受けて自己管理してたのに」と博美。そこに「よく寝た~。おはよー」と起きてくる未知子。そして「見せて」と自分の検査結果を求める未知子。「このままだと・・・もって3ヶ月ってとこか。びっくりだね」と未知子。

え?それだけ!?自分のですよ!?自分の余命が3ヶ月っていうのにそれだけ!?ってくらいあっさりな未知子。症状が現れないまま進行する癌、未知子は自覚症状がなかったみたいです。そんな中医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が「東帝大学病院」でオペしてもらいたいと依頼。しかも自分の。

でも誰だってそんなVIPのオペ出来ませよね。だれもオペしようとしません。でもそこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が執刀しますと名乗りをあげます。加地先生きた――――!!Doctor-Xには加地先生がいないと!!待ってました!相方の原守(鈴木浩介)先生も待ってたことでしょう!

でも自分だけで執刀するわけじゃなかったみたいです。加地先生は未知子に手伝ってくれるように神原名医紹介所を訪れます。でも未知子は「致しません」と拒否。絶対に引き受けてくれると思っていた加地先生は翌日蛭間に「オペできません」と頭を下げます。「大門未知子に断られましたか?」と蛭間。「はい・・・いや。誰ですか、大門って。そんなフリーランスの女医知りませんよ」と加地先生。

デーモンのオペは俺がやる

ドクターX

バレバレですね(笑)「君なら説得できると思ってたんだけど・・・別の手段だね」と蛭間。蛭間の次の手は内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)に執刀させることでした。息子が父を救う・・・美談ですもんね。万が一失敗したとしても息子が父を懸命に救おうとしたけれど・・・でも美談ですもんね。

でも未知子はオペに参加することを決意。自分のことは後回しにして。そんな未知子を見て加地、原、森本光(田中圭)、海老名敬(遠藤憲一)の仲良し4人は集まって話し合います。「大門の人生って一体なんだったんだろうな」と海老名。「特技趣味手術。ずっと手術ばっかりやってこれたんだからそれなりに幸せだったんじゃないですか?」と加地。

「そうかな~これほど悲しい人生はないと思いますよ」と原。「何でですか!?」と森本が尋ねると「どんな患者のどんな病気も治してきたのに、いざ自分が病気になったら誰も治してくれる人がいないなんて・・・これ以上悲しいことがありますか?」と原。「悲しすぎます」と森本。そうだよな、という風にしょぼんとなる海老名と加地。

「よし、デーモンのオペは俺がやる」と加地。すると海老名、原、森本の3人もやる!というと「よし、みんなでちょっとずつ切ろう」と加地。「あかん、お相撲さんの断髪式じゃないんだから」と原が言うと「何言ってんですか?どすこいどすこいですよ」と森本。海老名、加地もそれに続き、その熱意に負けた原もどすこいどすこい、頑張れ大門!とお店の中で大声で気合を入れる4人。

酔っ払い仲良し4人、かと思ったらまさかのノンアルコールでした(笑)さすが加地先生も入ると笑いレベルが上がりますね。でも上がるのは笑いレベルだけではありません。今回は涙腺がヤバいです。晶と未知子、博美と未知子・・・涙なしには見れません。是非ご自身でご確認ください。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171014233806p:plain