最終回と思っていたらもう1話ある

コウノドリ

「コウノドリ」10話です。これで最終回と思っていたらもう1話あるということに気がつきました。さぁ、今回のストーリーは重たいテーマ「出生前診断」です。確か石田純一の奥さんの理子も受けてましたよね。

高山透子(初音映莉子)は、お互いの両親の勧めで出生前診断を受けた。結果が郵送されてきて「陽性」ということがわかりショックを受けた。検査を受けた病院に電話すると、結果が出た後のことは何もできないのでと冷たく言われ、他の病院に行くように言われた。現実もそんな感じなんですかね。

高山透子役の女性が小雪に少し似ていて、一瞬小雪かと思っちゃいました。夫・光弘(石田卓也)も結構イケメンです。二人はペルソナセンターでサクラ(綾野 剛)から出生前診断について説明を受けた。この検査結果は100%正確性があるわけではなく、90%くらいとのこと。正確な診断をするには、羊水検査をする必要があるとのことだった。羊水検査はお腹に針を刺すことになるので赤ちゃんにもリスクがあると説明された。

二人は話し合った結果、検査を受けることにし結果はダウン症陽性だった。お互いの両親を呼びそれぞれ産まない方がいいんじゃないかという意見だった。透子の母親は、自分が透子を育てたときのことを話し、一見応援するのかと思いきや、「透子が苦しむのを見たくない」と産むことに賛成しなかった。確かに親としては子供が苦労するのを見たくないでしょうからね。

途中に奥山佳恵がダウン症の母親・木村弓枝役で出演していて驚きました。奥山佳恵は実の子の二人目がダウン症なんですよね。演技がとても自然なのが印象的でした。弓枝は、今橋貴之(大森南朋)に、ママ友が同じく出生前診断を受けてダウン症ということがわかり悩んでいることを話した。力になってあげたいと。

いよいよ来週が最終回

コウノドリ

一方で、サクラは出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)のカウンセリングを行った。最近のりょうの役柄は母親役が多い気がします。悩ましい顔の演技が印象的ですよね。夫妻には娘がいて、次の子がダウン症と診断された。もし出産した場合、子供に手がかかり自営業でやっているお弁当屋さんを続けていくことも大変だし、上の娘に負担がかかることを心配していた。悩んだ結果、明代は中絶を決断した。

サクラ中絶の手術には赤ちゃんはもちろんのこと、母体にも負担がかかると言われたが、明代は「大丈夫です」ときっぱり。赤ちゃんの命を絶ってしまうのだから、自分がどんなに苦しんでもいいという決断なんでしょうね。そして、手術が終わり小さな赤ちゃんを抱っこした。退院の時、サクラや小松留美子(吉田 羊)、看護師たちが見送っていた。病院の先生が見送りまでしてくれるなんてなかなかない気がしますが。ペルソナセンターはきっと患者に寄り添うそういう病院なんでしょうね。

そして透子は、夫ともよく話し合い中絶することを選んだ。決断まで相当悩んでいましたが。いよいよ手術という時、透子は処置室の手前でかがみこみ「産みたい。でも怖い」と自分の正直な思いを吐き出した。つきそっていた母親が娘を抱き「お母さんもあなたと一緒にがんばるから」と応援され、産むことを決断した。このシーン最高に涙があふれてきました。子の母親もその母親も本当に大変な思いですよね。

四宮春樹(星野 源)は妹から連絡があり「お父さんの容体が急変してそのまま亡くなった」と知死に目にも会えない程大変なのは現実でしょうね。四宮はそのことを周囲に伝えず、手術後にサクラと小松に伝えた。

いよいよ来週が最終回です。終わってしまうのが寂しいですが楽しみです。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171023150241p:plain