ついに最終回

明日の約束

この記事は井上真央さん主演ドラマ”この世でいちばん謎が残る死”の真相を解き明かすオリジナルヒューマンミステリー”『明日の約束』10話最終回について感想を書いています。校長(羽場裕一)に霧島(及川光博)の行動について報告した日向(井上真央)は自分も退職願を提出します。

ついに最終回、不登校だった吉岡圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げましたが、その自殺の真相はわからないまま。クラス、バスケ部でのいじめ、家庭環境問題、母・真紀子(仲間由紀恵)による盗聴や束縛・・・考えられる原因はいくつもありましたが謎のまま。日向は犯人捜しをすることをやめ、1つ1つの問題と向き合っていきます。

まずは真紀子の元を訪ねます。すると真紀子は「圭吾がどうして自殺したのか。私のせいで自殺したのか。私を憎んでいたのか・・・知りたいんです。だから同じ場所に言って聞いてみようかと思って」と圭吾の部屋で圭吾と同じ方法で自殺しようとしていました。「死んでも圭吾くんの気持ちはわからないと思います。だから死なないでください」と止める日向。

すると真紀子は自分のことを話始めます。自分の父のいいつけで短大を卒業してすぐにお見合い結婚させられ、圭吾を出産し初めて自分の人生の生甲斐を感じられたこと。でもその3年後に娘英美里(竹内愛紗)を身ごもった時には既に家庭は崩壊しており旦那さんは愛人がいたことを告白。

そのことがつらくて堪らなった真紀子。そんな真紀子にまだ幼い圭吾が「泣かないでママ、圭ちゃんが守ってあげる」と言ってくれたことが全ての始まりでした。この子が間違わないように、理想通りの道を歩けるようにしてあげたい。着るものも好きな色も、お友達も全部私が選んであげたいと思ったと言う真紀子。

私はどこで間違ったんでしょうか?

明日の約束

「私はどこで間違ったんでしょうか?世の中の親御さんは間違ったりしないんでしょうか?」と自分は間違ったことなどしていないと思っていたのに息子は自殺し世間からは非難されわからなくなってしまった真紀子。「正しいのか悩み続けるしかないんだと思います。たとえそれが愛情でも親の決めつけや押し付けは子供にとってはつらいんです。愛情だってわかるから。心がどんどん縛られていくんです」と日向。

そして日向は自身の母、尚子(手塚理美)とのことを話し始めます。「私の母も愛情が強すぎる人でした。子供のころから怒鳴りつけられて否定されて。母の言葉にいつも傷ついてきました。だから私は高校生のとき母にいなくなってほしかった。私はどうしても自由になりたかった。」と日向。

「どうして私にそんな話を?」と真紀子。「私と違って圭吾くんは自分がいなくなることを選んだんです。明日がくるのが怖い、と言って。なくなる前日の体育館で。その理由は変わらないから・・・。彼がどんな思いでそう答えたのかはわかりません。その後告白されました。でもその告白を私は断りました」と日向。

「あなたのせいで圭吾が・・・。」と責める真紀子。「それでも構いません。それで吉岡さんが生きようと思えるなら・・・。あの時彼への答えが違っていれば何かがかわったのかもしれません。でもはっきりしているのは私が彼の心を救ってあげれなかったことです。自由になりたい、今日とは違う明日がきてほしい。私と同じ気持ちだったかもしれなかったのに。何も出来なかった」と頭を下げる日向。

「あの子の苦しみを私が・・・私があの子を・・・」と泣き崩れる真紀子。「圭吾くんは誰のことも責めずに亡くなりました。だからきっと彼はお母さんのせいだなんて言いません。あなたがそう思わない限りは。」と日向。「私は圭吾のことを何にも分かってなかったのね」と泣き出す真紀子。

日向の告白は真紀子に届いたんですかね?日向はこの後も様々な人と向き合い1つ1つ解決していきます。続きは是非ご自身でご確認ください。

フジテレビオンデマンドの「全話パック」が最強!

「明日の約束」に限らずフジテレビの火曜日夜9時のドラマ枠は、 実はフジテレビ制作ではなく、関西テレビが制作しています。

権利の問題かと思われますが、そのため「火9」枠は無料で観ることができません。 1話視聴するのに300円かかってしまいます。10話で3000円になりますのでけっこう痛いですよね。

しかし、「見逃しパック」というパックですと、全話視聴できて1500円です。 10話のドラマだとすると、1話150円になりますので半分の出費で済みます

「今からまとめて観たい」という方にはフジテレビオンデマンドの「見逃しパック」が断然おすすめです!

明日の約束を全話パックでお得にみる

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain