しのぶに頼まれてやった

監獄のお姫さま

「監獄のお姫さま!」最終回です。長谷川信彦(塚本高史)は部下の今池と一緒に沖縄に来ていた。しのぶ(夏帆)が事件前に参加していたパラセーリングの時の映像を見て、しのぶがヘルメットにカメラがつけていたのを見つけたからだ。一方、馬場カヨたちは、板橋吾郎(伊勢谷友介)の婚約者の横山ユキを実行したタイ人男性、プリンスを問い詰めたが、「しのぶに頼まれてやった」と主張を変えなかった。どうやら吾郎から毎月多額のお金が振り込まれているようです。

長谷川は姫がつけていたカメラの画像のSDカードを旅行会社で見つけた。そこに映っていた映像で、吾郎がウエットスーツを着ていながらも乳首が立っていて、プロポーズされたのに爆笑していた。その爆笑した姿が「ヨーグルト姫」と呼ばれることになった。

吾郎はそれでも本当のことを告白せず、しのぶがやったと言い続けた。5人は諦めたのか、ふたばの「撤収!」という言葉で撤収したが外には警察が待ち構えていて、5人とも逮捕となった。そして2018年1月15日拘留期限の日、長谷川がやってきて吾郎が訴えを取り下げたこと、そして吾郎に逮捕状が出されたことを伝えた。カヨは大喜びです。ようやく5人の願いが叶いました

そして吾郎の初公判が2月に行われた。証拠は、しのぶがつけていたカメラだった。裁判が始まりしのぶの爆笑姿の映像が流れた。吾郎もカメラをつけていたことに気が付き、その映像にはタイ人男性に婚約者の犯行の加害者にしようとするたくらみが映っていた。これは動かぬ証拠ですね。ばかですねぇ。

裁判で長谷川はその証拠を元に吾郎に詰めよった。そして吾郎はとうとう自分が殺したと自白した。5人はハイタッチして喜んだ。吾郎の父親が旧江戸川乳業の社員だった。そこで江戸っ子ヨーグルトの宣伝の子役を募集していて、吾郎は応募して採用された。やがて江戸川乳業が業不審で社員を200人をリストラした。吾郎の父も。

その後の自分の人生の悲哀を話し情状酌量を狙っているようです。吾郎はその後、何とか江戸川乳業に入社し時期社長とも言われるようになった。その後、社長からしのぶを紹介され二人は付き合うようになった。

ようやく一件落着です

監獄のお姫さま

プリンスが証人喚問に立ち吾郎の偽装アリバイを作ったことを話した。裁判が進み、プリンスに指紋を付けさせたナイフのさやについての話になり、長谷川が「さやを投げた」と言うと、吾郎が「違う、さやは海に捨てた」と叫んだ。実行犯はプリンスだと思っていましたが、もしかして自分でやったようですね。

吾郎は本当のことを話し始めた。自分でみずから背中にナイフを刺して傷つけ、横田ユキを殺害したことを話した。裁判の後、妻の晴海はわかばと話し「これでようやく吾郎さんはうなされずにすみます」と言った。

しのぶは証人席に立ち、「息子からは知らない、犯罪者のおばさんに見られる」と涙ながらに話した。「あなたがこれから経験することを私たちは知っています」と。吾郎に少しくらいは反省の気持ちが芽生えましたかね。証人席を出て行くときにしのぶは、カヨ達に親指を立て微笑んだ。

女優は派遣会社に登録し女優の道を、姉御は「若えの」に組を任せ悠々自適な暮らしを。カヨはメイクアップアーティストとして働き、わかばは「自立と再生の刑務所」に民間の支援員として再就職した。しのぶは罪が晴れ刑務所を出所した。

外に出るとカヨ達が迎えて、晴美がユウスケを連れて来た。ユウスケは初めしのぶのことを「おばさん」と言ったが、カヨがお姫様だよと伝えると「初めましてお姫様」と、二人は抱き合った。小泉今日子や坂井真紀、皆の演技が本物過ぎてさすが女優だなぁと思いました。今までの刑務所の演技が何となく現実味がなくてはまった感がなかったのですが、刑務所の外だからか生き生きした表情と笑顔がいい感じです。

3ヶ月後しのぶは江戸川乳業と会社名を改め、5代目社長に就任した。ようやく一件落着です。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171020135834p:plain