この記事は亀梨和也さん主演、母のための復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。このドラマは12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害され、マスコミによって犯人扱いされた母親が追い詰められ自殺したことから始まります。

12年たっても事件の真相は明らかになっておらず、慶介は母親を自殺に追い込んだ報道番組の司会者など当時事件に関係していた人物たちに復讐していきます。さらに慶介は事件の関係者に身分を隠して近づき真相を明らかにしようとします。そのターゲットになっているのが小河原姉妹です。

妹の若葉(橋本環奈)とデートを重ねる慶介。でもその一方で絵の勉強をしていると言って美術館で働いている姉の雪子(栗山千明)に近づく慶介。雪子は若葉が「運命の人」とまで言っている男性だと知らずに好感を抱く雪子。もちろん慶介は2人が姉妹だと知っています。知っていてそれぞれに素性を隠して近づきます。事件のことを知る為に。

でも第1話のターゲットはこの小河原姉妹ではありません。ワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』のプロデューサーの井出正弥(杉本哲太)。事件当時ディレクターとして取材を指揮していた井出。奥様はモデルで誰もがうらやむような生活を手にしています。そんな井出に慶介は”見られたらその人の人生が終ってしまうような動画”ファイナルカットを突きつけて復讐するのか・・・。

慶介は現在、幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げており、ある日娘の心臓移植のために『ザ・プレミアワイド』の取材を受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられます。実際に井出からの苛烈な取材攻勢を経験したことのある慶介。

喜美子に直接話を聞きに行きます。話を聞くと医療ミスではないのに医療ミスのように取れるように報道されたりと事実と異なる内容に編集された内容が放送された上に、井出のごう慢な対応についても困惑しているという喜美子。自分の母親を自殺に追い込んだときと同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために慶介は動き始めます。

職場にカメラを仕掛けたりとあらゆる手段で井出の”ファイナルカット”となる情報を集めます。ファイナルカットとは誰かに見られたらその人の人生が終ってしまうというものです。あらゆる手段で情報を集めた慶介は動画を編集して井出の前に現れその動画を井出に見せます。タクシー運転手に対して悪態をつく場面新聞で風俗情報をチェックしているところ。

会議で「どうせなら5、6人殺されればトップに持っていけるのによ」といったり、警察からストップをかけられたネタに対して「最後は、警察署長を脅して・・・」と脅迫しようとしている場面や、妻子がいるにも関わらず別の女性とキスしたり・・・という内容でした。でもそれは捏造されたもの。

捏造だ!と叫ぶ井出に対して、慶介は「こういうのはどうにだってできるんだよ」と、井出が以前取材した人に言った言葉をそのまま返します。返す言葉もない井出に対して慶介は「この動画を公開するかどうかは俺が決める。またあいにくる。その時に頼みを聞いてほしい」と言う慶介。

慶介の復讐は井出にだけではありませんよね。そしてこの復讐にはある目的がありました。その目的を達成するために慶介はこのあとファイナルカットを復讐のターゲットたちに突き付けて自分の思い通りに動かしていきます。慶介の目的とは・・・。気になる方は是非ご自身でご確認ください。