この記事は亀梨和也さん主演、母のための復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。このドラマは12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害され、マスコミによって犯人扱いされた母親が追い詰められ自殺したことから始まります。

12年前の園児殺害事件で警察が動き出す前から百々瀬塁(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』は母が犯人だと断定するように放送していました。それはなぜか?真相を明らかにするべく慶介は当時ディレクターとして取材を指揮していた現在プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)をターゲットにし、弱みを握り追い詰めていきます。

井出を追いつめることに成功した慶介。次のターゲットは『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)。慶介が幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに立ち上げているメディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトに真崎についてある相談が寄せられました。

アパートの大家さんの奥さんが殺害されたという事件です。殺害された奥さんの旦那さんからの相談で、この事件で容疑者はそのアパートの住人であることが警察の調べで分かっていました。そして警察からもマスコミへ取材など自粛するようにと要請があったといいます。ですが、この真崎はそのことを無視しスクープの為にこの容疑者に取材をしていました。

そのこともあり容疑者は逮捕前に逃亡してしまいます。しかもその取材の中で奥さんから強引にアパートを立ち退けと言われていた、と証言。ですが旦那さんによると「このアパートは妻の両親から譲りうけたもの。立ち退きも慎重にしていました。強引に出て行け、なんていうはずもありません」と嘘の証言をした犯人にも、強引な取材をした真崎にも怒りをあらわにします。

「どうしたらいいですか?」と慶介に相談する旦那さん。「容疑者についてはいずれ逮捕されます。真崎についてはお任せください。この人やらかすんですよね、僕もよく知ってます」と慶介。この真崎、12年前の慶介の母の時もやらかしていました。慶介の母に「私無実を信じてます。一緒に犯人を逮捕しましょう」と言って慶介の母から話を聞き出します。

怪しい男がいたことも話した慶介の母。これで真犯人が!と思って放送を楽しみにしていたら、放送されたのものは母がやっぱり犯人だ、とでもいうような映像でした。真崎は文句を言いに来た慶介にふっと笑ってさっていきます。スクープのためなら手段を選ばない真崎、今回の大家さん殺害事件についても同じことをしている、と感じた慶介。

慶介の真崎へのファイナルカット=誰かに見られたらその人の人生が終ってしまうという映像を作成するための準備が始まります。真崎のボールペンを盗聴器、監視カメラを取り付けたものとすり替えます。真崎への報復がついに始まります。出来上がったファイナルカット、そして語られる慶介の過去の思いとは・・・。気になる方は是非ご自身でご視聴ください。