この記事は亀梨和也さん主演、母のための復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。このドラマは12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害され、マスコミによって犯人扱いされた母親が追い詰められ自殺したことから始まります。

新宿中央署副所長の高田(佐々木蔵之介)に12年前の重要参考人の息子だとバレてしまった慶介。バレたからといって復讐をやめることはありません。今回のターゲットは「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)です。慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げており、そこのサイトに相談が寄せられます。

「管理人さん、先日おきた人気子役転落事件をご存知ですか?」というメールが届きました。「ある映画のオーディションの最中、主役に決まっていた少女が階段から落ちて全治2カ月の怪我。この時丁度通りかかったのが自分の息子の光喜です。このとき少女を押したのが光喜ではないか、と疑われ取材が殺到するようになりました。」という内容でした。

「事務所を通して否定しましたが・・・しつこいのはこの人たちです。管理人さんならどこのどなたかご存知かと」とスマホでとった画像を添付してありました。そこにうつっていたのは「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・皆川でした。「もちろん知ってますよー」と大地。「なあ慶介」と声をかけますが食事中の慶介は心ここに非ず。

母が言っていた「あの夜見かけたあの男」と思われる小河原祥太が死んだ、正確には死んだことにしようと・・・と言っていた雪子(栗山千明)のことを思い出していました。「吉沢さんは?時々辛そうな顔するからきっと何かあるんだろうな」と雪子に言われキスしてしまった慶介。思わず、ってかんじでしたけど・・・慶介が本当に恋に落ちるのは雪子の方ですかね。

慶介は雪子とその妹若葉(橋本環奈)に接触していました。事件当時雪子は「走って戻ってくる園長をみた」と証言し若葉は「兄はずっと家にいた」と証言しています。この2人が何か事件について知っているかもしれないと考えた慶介はそれぞれ素性を隠して近づきました。先に若葉に近づき何度もデートを重ねている慶介。若葉は慶介演じるマモルにハマりまくり。

一方雪子は若葉と違い慶介演じる吉沢ユウが現れるまで相手がおらず若葉から「もったいない」と言われまくってましたが・・・吉沢が現れてちょっとトキメキだした雪子。さらにはキスまでされちゃいました。浮かれてます。「ねえ、若葉私がネイルなんて、って思うでしょ?」とニヤニヤです。

慶介の計画はばっちりですね。でも慶介自身も雪子への思いには自分が想像しているものとは違うものが芽生えているのかも。「ネイルしたい気分。こんな気持ちになるんだね~」とお花でも飛んでるんじゃないか、というくらい浮かれている雪子。「聞いてくれないからいっちゃうけど」と嬉しそうに若葉に話そうとすると「誰かいる」と珍しく髪も乱れている若葉。

「マモル、他に女がいる」と目が怖いです、若葉さん(笑)「最近全然会えないし、会っても上の空。メールの返事は短い、昨日の夜は既読もつかないし・・・」って、まあ演技で付きあってるだけですけど、正解ですね(笑)女がいる、ってしかも相手は自分の姉っていうね・・・。女の勘って怖いですね(笑)

そんなこと思われてると思ってない慶介。届いたメールの光喜くんについて大地から聞きます。追いかけまわしているのは皆川。12年前自分たちのこともしつこく追いかけまわしていた皆川のことを思い出した慶介。「今度はお前、おってやるよ」と慶介。一体どんなファイナルカットを突きつけるのか・・・。続きは是非ご自身でご確認ください。