お母さんになる人生とならない人生何が違う

f:id:momotaeimi:20171003154307j:plain

「コウノドリ」第7話です。小松留美子(吉田 羊)がお腹を押さえて痛みを訴えた。1年前に子宮筋腫があると言われたらしくそれから検査に行っていないらしい。サクラ(綾野 剛)と四宮春樹(星野 源)が検査すると、子宮線筋症だった。卵巣がかなり腫れているらしくほっておくと卵巣がんの可能性もでてくる。子宮全摘出をした方がいいとのことで小松は悩んだ。

救命に異動した下屋加江(松岡茉優)は、救急の現場でなかなか自分の力を出すことができなかった。産科とはまた違う世界ですしね。下屋は小松と話し少し気が楽になったようです。白川 領(坂口健太郎)は学会で発表しいろいろと得てきたようです。

小松は助産師仲間の同期会に行くと、ママになっている人、妊娠した人とそれぞれだった。そんな中に行くのって複雑な心境なんでしょうね。その帰り、向井祥子(江口のりこ)に会い小松は聞いた。「お母さんになる人生とならない人生何が違う」と。なかなか答えられないですよね。

倉崎恵美(松本若菜)はシングルマザーで必死に働いていた。夜中に担当している患者が発作を起こし呼び出しされなかったことを不服に思っていた。母だから、女性だからと肩の力が入っているようで、そんな倉崎を小松は励ました。下屋にも。そんな風に励ましてくれる存在が近くにいたらとても心強いですよね。

下屋は小松に「小松さんこそ力抜いてくださいね」と皆に優しい小松をねぎらった。四宮とサクラは小松に早めに決めるように促したが、小松はなかなか決断できずにいた。倉崎が帰ろうとしたとき担当患者の容体が悪化し、「今日は残ります」と言った。サクラはチームなんだからとなだめたところへ小松が子供を迎えに行こうかと助け船を出した。いいチームワークですね。

これが私の人生だから

f:id:momotaeimi:20171015200837j:plain

倉崎は「次回からは素直に皆さんに甘えます」と反省したようです。サクラは仕事帰りに小松を誘いピアノが弾けるバーへ連れて言った。今日は小松さんのために弾きますとサクラはベイビーの曲を弾いた。小松はベイビーがサクラということを知っているんでしたっけね。

そして小松はとうとう決めた。「これが私の人生だから」と。サクラは「あまり頑張りすぎないでください。小松さんにはいろいろとしてもらった。皆小松さんの味方だから」なんて、優しい言葉で言われたらほろっときちゃいますね。

小松さんの気持ちを完全に理解することはできませんが、もし自分が子宮を取ることになったら、やはりなかなか受け入れられないだろうなと思います。女性ですからね。小松は入院し検査と手術を受けることになった。

いよいよ手術という時、吉田羊が手術台に乗せられた姿、美しかったです。本当にきれいな人だなぁと思います。手術は無事に終わり小松が目覚めるとベッドサイドに、ジャムパンと焼きそばが置いてあった。サクラと四宮の差し入れです。「食えるわけないだろ」とツッコミを入れた小松さん。

向井は小松の家にお見舞いに訪れた。自分には大事なものがなくなったが、自分を支えてくれる仲間がいるから幸せとしみじみ語った。そして職場に復帰しいつもの日常が始まった。強い女性ですね。

四宮は何やら男性二人と喫茶店で会っていた。ヘッドハンティングでしょうか。四宮はサクラに相談があるとピアノバーを訪れた。次週にお預けです。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171023150241p:plain