ゲストに柴田理恵

f:id:momotaeimi:20171030121617p:plain

この記事は『木曜ミステリー 科捜研の女』6話の感想です。ゲストになんと柴田理恵さんが!しかもかなり口うるさいで頑固そうなおばちゃんって役です。で、その柴田さん演じる浜野文恵の自宅でアメリカ人旅行者、ジェイソン・ミラー(B.T.)の遺体が発見されます。浜野は自宅で民泊をしていました。

第一発見者は清掃代行の人。浜野は検査入院のため事件前夜から留守にしていたそうです。って民泊している人がいるのに変ですよね。さらに元気とか。被害者は5日前から民泊していたのに。家を留守にするなんて・・・なんか不用心ですよね。しかも清掃代行の人の話では4日前も揉めていたとか。

で、そんな話をしていると浜野が帰ってきますが、警察の人がいるのにもかかわらず「私の家なのになんで入るなとか指図されないといけないの!」と悪態をつく有様。連絡を受けてやってきた娘の俊子(西尾まり)にその姿を見られバツが悪そうにしますが「どういうことか説明して!母さんにだから民泊なんて無理だっていったの!」と言われ揉みあいになってしまい外に出されてしまいます。

早月(若村麻由美)の解剖で死因は鈍器で殴られたことによる脳内出血。そして現場に残されていたものを持ち帰った科捜研チーム。早速鑑定を開始。現場に残されていた欠けた陶器の壺が凶器と判明。お香もジェイソンが持ち込んだものと断定された。衣服や靴などからもたくさんのことがわかりジェイソンさんがいろんなところへ行ったことが判明。

「ねえ、見て」とタブレットを見せる橋口呂太(渡部秀)、そこには民泊の情報サイトがあり浜野のところには手作りガイドブックあり、と書かれていました。「あんな無愛想な人がガイドブック?」と涌田亜美(山本ひかる)。確かに・・・。しかも手作りですよね。そんな話をしていると「大変なものが残されていました」と宇佐見(風間トオル)。

私今民泊してるんです

f:id:momotaeimi:20171030121719p:plain

現場で採取した茶葉のようなものを鑑定した宇佐見は、それが大麻草であることを報告します。「大麻!?」と驚く科捜研メンバー。「でもジェイソンさんの体内からは反応がなかった」とマリコ(沢口靖子)。でも「ジェイソンさんが持ち込んだものと思われます」と宇佐見。「もしジェイソンさんが大麻の売人でそれを浜野さんが知ったらあの人超怒りそうだよね」と橋口。

「トラブルの原因になった可能性はあるね」と日野。するとはっとなって時計をみるマリコ。「門限があるので続きはかえってから読みます」と帰ろうとします。「門限って?」と宇佐見。「私今民泊してるんです」とマリコ。え!?と私も科捜研メンバーと一緒になってしまいました。

水道管のトラブルで民泊することになったマリコ。「大丈夫?」と心配する日野。「私はどこでも寝られるから大丈夫です」と笑顔で去っていくマリコでしたが「僕が心配してるのはマリコくんじゃなくてマリコくんをとめてる御宅の方なんだけど」と日野の言葉にうなずく科捜研メンバー(笑)

その予想は大あたり。ご夫婦はマリコが公務員なのに遅くに帰ってくることを不審に思っていました。そして大麻とか殺せるとか単語が飛び出してきて「あの人何者!?」となるご夫婦。そんなマリコに連絡してきた土門(内藤剛志)。土門は現場近くの防犯カメラを調べており、検査入院で不在だったはずの文恵が犯行のあったころ、自宅に戻っていたことが判明。

土門やマリコらの質問にまともに答えようとしない文恵。あげくのはてにはトイレと言って部屋を出ると、自転車に乗って逃亡してしまいます!さらに気になる手作りガイドブックについて存在を隠していました。不審に思い、調べていくと衝撃の事実が判明します。それは・・・是非ご自身でご確認ください。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171105203354j:plain