監獄のお姫さま 動画を視聴できます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171020135834p:plain

ふたばは、おばさんと思っていない

f:id:momotaeimi:20171020134948p:plain

「監獄のお姫さま!」第5話です。板橋吾郎(伊勢谷友介)が誘拐されて3時間が経った。捜査本部はネットの情報を監視していた。馬場カヨ(小泉今日子)達5人は、吾郎を通して世の中に再審請求をしようとメッセージをネットにのせた。吾郎が、誘拐犯のことをおばさんと言い換えると、若井ふたば(満島ひかり)以外の4人は反応した。ふたばは、おばさんと思っていないので特に文句はないようで。まぁ、確かに5人の中では一番若いですしね。

雑居房の仲間の一人の仮釈放が決まった。カヨ達は、出所後どんな仕事につこうか話あっていた。ユウスケの影響もあってかベビーシッターがいいらしい。勝田千夏(菅野美穂)は、刑務所の経理を任されているようで所長がバイアグラを経費で落とそうとしているのをバッサリ。あり得ないですが。

ふたばは刑務者たちの前で幼い時に経験したことを話した。いつも通っていた美容院でお気に入りの美容師「ちい姉ちゃん」がいて、その美容師は仮釈放中だった。そしていつしかふたばは、美容師の資格を取ったが、美容師の世界はチャラチャラし過ぎていたということで、公務員になったらしい。まぁ、ふたばの性格を見ていると合わなそうですね。

江戸川しのぶ(夏帆)、姫が産後刑務所に帰ってきた。もちろん、赤ちゃんつきで。刑務所で赤ちゃんを抱っこできるなんてなかなかないでしょうね。産後はどんな生活になるのでしょうか。産後1年半は、刑務所でも育てることができその後は乳児院に預けられるらしいですが、親族が引き取ることがほとんどらしいです。まぁ、環境的に刑務所というのは子供にとって影響ありそうですしね。

吾郎はとうとうユウスケは、しのぶと自分の子供だと告白した。その告白の動画を撮り損ねてしまったカヨ達でしたが。しのぶは、自分の刑期を考えると1年半だけでも自分の手元で子供を育てたいようです。そしてしのぶやカヨ達の育児生活が始まった。

オバさんたちの母親ごっこじゃないか

f:id:momotaeimi:20171020135146p:plain

保育にかかる用品を購入する場合は、官品か自弁かを選ぶらしく自弁になるケースもあるみたいですね。まぁそりゃそうですね。それにしても雑居房の一角にベビーベッドが置かれ、皆で交代交代で赤ちゃんのお世話をするなんて、刑務者にとって喜ばしい生活でしょうね。

カヨの夫が面会に来た。カヨは子供に面会に来るように伝えたが、学校でいじめられているらしく、母に会いに来る勇気はなかった。せつないですね。カヨは息子が小さかった頃の幸せなクリスマスを思い出していた。

吾郎はカヨ達のことを「オバさんたちの母親ごっこじゃないか」となじった。それに対して、「あんたはそんな私たちのささやかな幸せを奪ったのよ」と応戦した。2013年お正月を迎えた。しのぶは、無実の罪をきせられたが子供のためにと罪を受け入れた。

カヨ達によるクイズ大会が始まった。ユウスケが初めて話した言葉や「てんけ~ん」だそうです。所長はしのぶ、カヨ、千夏に刑務所での保育最長期間は1年半。早めにその後を考えたほうがいいとアドアイスした。そしてしのぶは、絶縁状態だった実の母親にすべてを話し、母にユウスケを託すことに決めた。

しのぶの母が面会に来た。母にユウスケをあの男(吾郎)に渡さないと誓って欲しいと言った。そしてユウスケとの別れの時が来た。母は何と吾郎と一緒にユウスケを迎えに来ていた。母の裏切り?ユウスケは車に乗せられ母と吾郎が連れ去ってしまった格好だった。ひどい仕打ちですね。

U-NEXTの特典は「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」

U-NEXTでは会員登録すると「無料見放題」と「600円分ポイントプレゼント」の特典が受けられます。

●「見放題」「読み放題」のアイコンが付いた作品なら、31日間無料で見放題です。

●「ポイント」「ポイントOK」タグが付いた作品でも、600ポイント以下ならもらった600ポイントで支払いが出来ます。

例えば観たい作品「A」が400ポイントだとすると1回。300ポイント以下ですと2回観ることができます。 登録日を含む31日間以内に解約すれば、利用料金はかかりません

もらった600ポイントで動画を観ることができます

f:id:momotaeimi:20170129205334p:plain

f:id:momotaeimi:20171020135834p:plain