「ウチの夫は仕事ができない」見逃し動画無料で観れます

↓

ウチの夫は仕事ができない

何ともかわいらしい奥さんですねぇ

f:id:momotaeimi:20170708201429j:plain

「ウチの夫は仕事ができない」第4話です。沙也加は、ツカポンがきのこ好きということできのこ料理をせっせと作るような何ともかわいらしい奥さんですねぇ。今回は、妊娠した妻の夫が浮気をするというテーマのようです。沙也加は、妊娠本で子供ができると夫婦の夜の生活が疎遠になると不安になる。一方で司も、沙也加といつも通りラブラブな生活をしようにも、つわりでなかなかうまく行かず。沙也加が隠していた仕事ができない男の本を見つけてしまい、自分が仕事ができないことに嘆いているのか不安でたまらない。そこで、またパロディが入りミュージカルの展開。

マタ友メンバーで集まり、沙也加はあかりの夫が女の人と歩いているところを見たことを話した。 司は、テレビ「ラップバトル」のスキマ企画を任された。順調に仕事が進んでいる様子です。また失敗ありそうですけど。司の姉、のりこがまた新婚家庭にあがりこみ、何日も泊っている。今度自分の歯磨きや日常品を買いに行こうと沙也加に言っていて、どうやら夫とまた危機の様子です。それにしても、弟夫婦の家にあがりこむって相当な性格ですよね。実家にも帰れないという感じなんですかね。

沙也加は、牛丼が食べたくなって姉の分も含めて牛丼を買って帰ると、「司が遅い日は私まで牛丼なん?」と3回も繰り返し。あかりが訪ねてきて、夫のことを気にかけている。司が帰ってきて、 司の仕事の話で盛り上がった。司は、沙也加に企画の担当ではなく責任者であるとみえをはってしまった。さぁ、そのみえがどういう展開になるのでしょうか。

あかりは、夫のぶひまるが外出するのを狙って、沙也加とのりこと尾行する。そして、ある女性と会うところを目撃。あかりはぶひまると女性のところに行き、走り去った。のりこがぶひまるに事情を聴くと、ぶひまるは税理士になろうと家庭教師をつけていたらしい。そんなきれいな女性で家庭教師なんて。

イモトアヤコのラップぶりがめっちゃテンポよくて

f:id:momotaeimi:20170710133837p:plain

心配した司は、ぶひまると話し心の内を聞いた。お好み焼きのお店がうまく行っているのはあかりのおかげで、自分は何もできていないので税理士になって自分も役に立ちたいという切なる思いだったようです。司は、ぶひまるにラップバトルに出演しないかと持ち掛けた。ラップが好きなぶひまるに、今の思いをラップにしてと。

司は、ラップバトルの候補者に明日の出演のことで確認の電話をすると、候補者はテレビ出演があると思っていてドタキャンされた。メール連絡だけで終わっていたのがあだになったようです。仕事のできないぶりがまた発揮されてしまいましたね。上司の土方に報告すると、元々スキマ企画だったからいいよと見放された。同時に、「隙間は空間になる、そして魅力があればスキマ企画を広げることもできる」ことを。

司は、ぶひまるが一生懸命練習しているのを見て心打たれ、断られた出演者の自宅を訪れ、何とか出てもらえることになった。熱意が伝わりましたね。マタ友メンバーがラップバトルを見に来た。ラップで人気ラッパーとバトルするのですが、結構えぐいこと言われて出演者の一人が早くも撃沈。二人目は、ぶひまるで、ラッパーに「豚野郎」と言われひるみ、あかりが助け船で出ていったのですが、イモトアヤコのラップぶりがめっちゃテンポよくて、切実に今回の夫婦喧嘩となったことを訴えていて、思わずうるっと来ちゃいました。

司は、土方に「盛り上がってたな。よくやった」とほめられた。沙也加はその場面を見ていて、司に言うと「司は、自分は隙間責任者なんだ」と打ち明けた。沙也加によく認めてもらおうと必死だったことを。そして、お互い正直に思っていることを話さなかったことを謝りあった。いい夫婦ですねぇ。

「前より今のつかぽんが好き」と素直に言える沙也加がいじらしいですねぇ。基本的に、夫のことを尊敬していますね。毎回、司が仕事で失敗して何とか最後はうまく行くという設定のドラマかなぁとお馴染み感がでてきていますが、それでも司と沙也加のやりとりや、他の出演者とのかけあいでドラマを盛り上げている感じはします。

「ウチの夫は仕事ができない」見逃し動画無料で観れます

↓

ウチの夫は仕事ができない