「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

田丸は既に千種のことをかなり好きですよね

f:id:momotaeimi:20170327140641j:plain

CRiSiS第8話です。潜入捜査としてある教団に入っている林千種の夫から、千種に連絡が入った。「重大な情報が入った」と。千種は田丸(西島秀俊)に、「夫は、田丸さん以外の人間には話さない。会いに行って欲しい。」と頼んだ。動きがでてきましたね。千種の夫は、仲間とコンビニに行ったときに、トイレで田丸と密かにあった。

「テロの情報を伝えるには条件がある。教団から抜けるように取り計らって欲しい。情報はそれから伝える」と。潜入捜査に入ったことで現実の自分と偽りの自分がわからなくなり、相当精神的にかなり参っているようですね。田丸は、千種に会い、夫から情報を既に聞いていないか問い詰めた。千種は正直に話した。「テロの決行日は明後日。対象は文部科学大臣」だと。

特捜班は警備を任された。いよいよ、テロ決行日。班長の吉永(田中哲司)は、稲見(小栗旬)達に捜査の手順を指示した。いつも、的確でカッコいいですよね。教団の一人がスーツ姿で現れた。文部科学大臣がオフィスに現れ、多くのSPが取り囲む中、スーツ姿の男が大臣を狙おうと駆け出した。そこを稲見と田丸が確保。しかし男のスーツケースの中身は空っぽだった。千種の情報はがさネタだった。千種の夫がスパイだということを教団側は見抜き、うその情報を夫に流していたのだ。

田丸は、千種のマンションに行き、すぐに退避するように言った。千種は、田丸に「私をいつまでも守ってくれますか?」としおらしく懇願したが、田丸はその質問には答えなかった。まぁ、そうですよね、夫がいるのですから。田丸は、稲見に林(夫)が教団に入ることになったきっかけを話した。林は借金で首が回らなくなり、国家の危機を守るためとお金が入るため、教団への潜入捜査を勧めた。当時、美しい妻とも不仲だったので口実になるんではないかと。美しいと形容詞を入れているところが、田丸は既に千種のことをかなり好きですよね。 当時の田丸は、テロを防ぐために林を教団に送り込むことに何の罪悪感も感じなかったようです。使命感にあふれてましたね。

これが二人の最後と言うことですね

f:id:momotaeimi:20170327140836j:plain

田丸は今回のテロ計画阻止の失敗を受けて、しばらく休暇を取ることになった。田丸は、千種が身を隠しているホテルの部屋を訪れ、千種に「林がスパイであることを教団に告げたのはあなたですね。」と伝えた。千種は、国家のために自分を捨てた夫を恨み、自分の道を進もうと思った。田丸への思いもあるようです。田丸に「私といましょう。一緒に暮らしましょう。」と懇願した。めっちゃ積極的ですけど、やはり共感はできないですね。いくら夫に愛想をつかしたからと言って、夫に危険が及ぶことをするなんて。田丸は、千種に「自分があなたを変えてしまった。惑わしてしまった」と言った。自分の中の千種への思いがありながらも、林を送りこんでしまったのは自分だという責任感もあり、かなり葛藤しているようです。

田丸は、特捜班の事務所に辞表を置いた。林を救おうという計画で。そこへ、いつもの特捜班の仲間が駆け付けた。いい仲間ですねぇ。こんなチームワークのある仲間、素敵です。特捜班が林を救うため教団に乗り込んだ。教団のメンバーはやはりつわもの揃いですね。警察と戦おうとするんですから。テロを起こそうとしているだけあります。そして、ようやく林が監禁されていた場所にたどり着き助け出した。教団の信者から相当な仕打ちを受けたようで、ボロボロの身体と表情で。

林を連れて、教団本部から抜け出そうとした時、教団信者たちに囲まれ逃げ道が塞がれた。そこへ総務課長の青沼が助っ人として現れ、逃げる手配をしてくくれた。普通なら考えられない行動ですよね。お前たちはここにいなかったことにすると。なかなかいい人です。教団幹部が摘発され、何とか収まり、鍛冶は青沼に言った。林千種にはしばらく海外生活を続けてもらう。田丸の足かせになるからと。かなり読まれてますね。

千種が日本を立つ日、田丸は会いに行った。千種は最後まで「あなたと一緒に住みたかった。」 これが二人の最後と言うことですね。今後のドラマの展開はどうなるのでしょうか。「CRISIS」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド